皮膚に特化した美容外科|女性の象徴が甦る|ホルモン補充療法は効果が期待可能
女の人

皮膚に特化した美容外科

先生

他のケア方法との違い

美容外科では以前から肌のトラブルに対する治療が行われていましたが、近年では美容皮膚科という独立した形態で肌の治療が行われていることが増えています。美容皮膚科はエステや自宅でのグッズによるケアと大きく異なり、その特徴を理解したうえで利用する注意が必要です。エステやグッズでのケアが肌のしわやしみを取り除くことのみを目的としているのに対し、美容皮膚科での治療は医学的な観点から肌のトラブルの原因を突き止めるという特徴があります。また、肌の症状の原因を把握したうえで多くある症状のタイプの中でどれに当てはまるのか、どの治療法が適切かを見極め、根本的な治療を行います。以上のことから、肌の悩みを根本から改善したい場合は美容皮膚科を検討するようにしましょう。

保険外治療と予防効果

美容皮膚科での肌への施術の特徴として、保険が適用されない独自の治療となることと、予防効果を期待できるという2つが挙げられます。一般的な皮膚科では疾患性でないしわやたるみなどの治療は主な治療対象として扱われず、治療を受けられても保険適用外となります。一方、美容皮膚科も同じように保険が適用されませんが、審美面での肌の悩みの改善を主な目的としているため、より高度な技術でしわなどの治療を受けられます。また、皮膚科では基本的に既に出ている症状に対して治療を施しますが、美容皮膚科では有効成分の注入などによって肌の劣化を事前に防ぐ、予防効果を持つ治療も受けられます。保険外治療はただ単に料金が高くなるだけでなく、その分それぞれの症状に特化した高品質の治療を受けられるという特徴があります。